相続/遺言書/生前贈与/会社設立/香川県高松市のひろせ司法書士事務所
087-813-9913
〒760-0080 香川県高松市木太町1288番地2 地図
電話受付は平日9:30〜18:30
土日祝も対応可能です(要予約)
ひろせ日記
香川県高松市のひろせ司法書士事務所 > 遺言の話 > 全員遺言時代?!
  • 最近の記事

  • 月別アーカイブ

  • ひろせ日記 カテゴリー

  • お気軽にご相談ください
    司法書士 広瀬修一 香川県高松市 1977年生まれ
    廣瀬 修一(ひろせ しゅういち)
    司法書士 香川県司法書士会 第306号
    ファイナンシャルプランナー (AFP)
    お問い合わせ
    電話:087-813-9913 電話受付は平日9:30〜18:30 土日祝も対応可能です(要予約) 所在地

    全員遺言時代?!

    2012.06
    12
    守る継ぐ

    こんばんは。

    少し前の新聞にこんな特集がありました。 「全員遺言時代 間近に」

    タイトルとは裏腹に、70歳以上で遺言書を作成している人の割合はわずか4%に過ぎないとの事です。

    その一方、 「作成するつもりはない」という人が34% 「考えていない・わからない」は21% との事です。 残りの約40%の人がどういう立場なのかよくわかりませんが、まだまだ遺言に対する認知度は高くないのが現状のようです。

    記事の中で、相続財産が「不動産(特に自宅)」であった場合の遺産分割の難しさがあげられています。

    その理由に、

    ・不動産は評価が難しいこと
    ・不動産は分けるのが難しいこと

    などがあげられます。

    また、「財産が少ないから、遺産相続でもめることはないだろう」といった考えもちょっと違います。

    家庭裁判所で成立した遺産分割調停事件(要するに遺産分割で揉めて話し合いがつかず、裁判所に持ち込まれた事件)での遺産の内訳は、

    ・1000万円以下—31%
    ・5000万円以下—43%

    と遺産が5000万円以下の相続で74%を占めています。

    前述したケースなどは、遺言があれば紛争を予防できるものが大半です。なかなかとっつき難いでしょうが、やっぱり遺言は大切ですね。

    • にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
      にほんブログ村 高松情報
    • にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
      にほんブログ村 土地・不動産
    • にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
      にほんブログ村 司法書士
    • にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
      にほんブログ村 起業・独立支援