相続/遺言書/生前贈与/会社設立/香川県高松市のひろせ司法書士事務所
087-813-9913
〒760-0080 香川県高松市木太町1288番地2 地図
電話受付は平日9:30〜18:30
土日祝も対応可能です(要予約)
ひろせ日記
香川県高松市のひろせ司法書士事務所 > 相続・生前贈与の話 > 3か月経過後の相続放棄
  • 最近の記事

  • 月別アーカイブ

  • ひろせ日記 カテゴリー

  • お気軽にご相談ください
    司法書士 広瀬修一 香川県高松市 1977年生まれ
    廣瀬 修一(ひろせ しゅういち)
    司法書士 香川県司法書士会 第306号
    ファイナンシャルプランナー (AFP)
    お問い合わせ
    電話:087-813-9913 電話受付は平日9:30〜18:30 土日祝も対応可能です(要予約) 所在地

    3か月経過後の相続放棄

    2014.09
    11

    こんばんは。 朝晩は涼しくなりましたね。

    事務所を移転して家から近くなったので、最近は、歩いて通勤しています。

    さて、先日申し立てをした「相続開始から3か月経過後の相続放棄」が認められました。大丈夫だろうとは思っていましたが、やっぱり裁判所の判断がされるまでは不安です。

    相続放棄については、民法915条で、次のように決められています。

    「民法915条 相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から三箇月以内に、相続について、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。」

    「自己のために相続の開始があったことを知った時から」 なので必ずしも相続開始から3か月という訳ではありません。

    どういった事情があったのかによって判断されます。

    3か月過ぎたからといって、諦めずに、まずは司法書士弁護士などの専門家にご相談ください!

    また、相続の放棄だけでなく承認についても規定されていますので財産を処分したりすると、相続を承認したとみなされ、相続放棄ができなくなる場合もあります。

    こちらも、注意が必要ですね。

    第920条 相続人は、単純承認をしたときは、無限に被相続人の権利義務を承継する。

    第921条 次に掲げる場合には、相続人は、単純承認をしたものとみなす。 一 相続人が相続財産の全部又は一部を処分したとき。ただし、保存行為及び第602条 に定める期間を超えない賃貸をすることは、この限りでない。 二 相続人が第915条第1項の期間内に限定承認又は相続の放棄をしなかったとき。 三 相続人が、限定承認又は相続の放棄をした後であっても、相続財産の全部若しくは一部を隠匿し、私にこれを消費し、又は悪意でこれを相続財産の目録中に記載しなかったとき。ただし、その相続人が相続の放棄をしたことによって相続人となった者が相続の承認をした後は、この限りでない。

    • にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
      にほんブログ村 高松情報
    • にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
      にほんブログ村 土地・不動産
    • にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
      にほんブログ村 司法書士
    • にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
      にほんブログ村 起業・独立支援