相続/遺言書/生前贈与/会社設立/香川県高松市のひろせ司法書士事務所
087-813-9913
〒760-0080 香川県高松市木太町1288番地2 地図
電話受付は平日9:30〜18:30
土日祝も対応可能です(要予約)
ひろせ日記
香川県高松市のひろせ司法書士事務所 > 相続・生前贈与の話 > 相続とか遺言とか その8「養子縁組」
  • 最近の記事

  • 月別アーカイブ

  • ひろせ日記 カテゴリー

  • お気軽にご相談ください
    司法書士 広瀬修一 香川県高松市 1977年生まれ
    廣瀬 修一(ひろせ しゅういち)
    司法書士 香川県司法書士会 第306号
    ファイナンシャルプランナー (AFP)
    お問い合わせ
    電話:087-813-9913 電話受付は平日9:30〜18:30 土日祝も対応可能です(要予約) 所在地

    相続とか遺言とか その8「養子縁組」

    2010.11
    19

    こんばんは。

    11月もあっという間にもう後半。 ボージョレ・ヌーボーなのか?ボジョレー・ヌーボーなのか? まぁどっちでもいいですが、解禁されましたね。 忘年会シーズン飲みすぎないように気をつけよう・・・

    さて、相続における養子の取扱い。

    民法には「養子は、縁組の日から養親の嫡出子の身分を取得する。」とあります。 つまり、相続においては実の子供と一緒です。 ただ、この取扱い、民法上のものであって、相続税法の取扱いではちょっと異なります。個人の自由を重んじる民法と、強制的な金銭徴収における公平性が大切な税法の違いでしょうか。

    まぁ、ちょっと税金の話は置いておいて。 「養子が相続において、実子と同じように相続人になる。」このようなケースでは、通常、関係者が養子が相続人になることを認識しているので、あまり問題になりません。 逆に、養子縁組をしていなかったばっかりに、「相続人のつもりが、相続人となれなかった。」というケースをよくみます。

    多いのは、再婚したケースです。

    再婚した相手に、連れ子がいた場合、養子縁組をしていないと、自分の相続人にはなりません。

    例えば、「A男さん」と「B子さん」が再婚しました。 A男さんには前妻との子供「太郎くん」が、B子さんには前夫との子供「花子ちゃん」がいました。

    こんなケースでは、、 養子縁組をしていなかったら、A男さんが亡くなった場合の相続人は、B子さんと太郎くんだけで、花子ちゃんに相続権はありません。

    これは、双方に連れ子がいた場合ですが、先程の例でB子さんの連れ子の花子ちゃんがいなかったとしたら。ちょっと問題は複雑です。

    A男さんが1番になくなって、次にB子さんが亡くなったような場合を想定します。

    B子さんが一旦相続したA男さんの相続財産は、B子さんが死亡した時には太郎君には相続されません。太郎君は、B子さんと養子縁組をしていないので、相続人になれないからです。 B子さんが相続したA男さん財産は、B子さんの親戚に相続されてしまいます。

    こういったケース意外と多いんです。 夫が亡くなった時の財産は、一旦妻に全部相続させるケースがよくありますから。

    相続とか遺言とかシリーズ

    1. 相続とか遺言とか その1「戸籍」
    2. 相続とか遺言とか その2「相続放棄
    3. 相続とか遺言とか その3「相続人がいない」
    4. 相続とか遺言とか その4「遺産分割とは」
    5. 相続とか遺言とか その5「遺産分割とは2」
    6. 相続とか遺言とか その6「遺言」
    7. 相続とか遺言とか その7「遺言の種類」
    8. 相続とか遺言とか その8「養子縁組」
    • にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
      にほんブログ村 高松情報
    • にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
      にほんブログ村 土地・不動産
    • にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
      にほんブログ村 司法書士
    • にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
      にほんブログ村 起業・独立支援