相続/遺言書/生前贈与/会社設立/香川県高松市のひろせ司法書士事務所
087-813-9913
〒760-0080 香川県高松市木太町1288番地2 地図
電話受付は平日9:30〜18:30
土日祝も対応可能です(要予約)
ひろせ日記
香川県高松市のひろせ司法書士事務所 > 相続・生前贈与の話 > 相続について思う事2
  • 最近の記事

  • 月別アーカイブ

  • ひろせ日記 カテゴリー

  • お気軽にご相談ください
    司法書士 広瀬修一 香川県高松市 1977年生まれ
    廣瀬 修一(ひろせ しゅういち)
    司法書士 香川県司法書士会 第306号
    ファイナンシャルプランナー (AFP)
    お問い合わせ
    電話:087-813-9913 電話受付は平日9:30〜18:30 土日祝も対応可能です(要予約) 所在地

    相続について思う事2

    2010.11
    07

    こんばんは。

    先日、司法書士会で行われた、税金に関する研修に参加してきました。 その中で、とても印象に残った事があります。

    講師をしてくださったのは税理士の方です。

    講義の中で、講師の先生が「贈与税は、相続税より高いと思っていませんか?」というような趣旨の事をおっしゃいました。

    私は、正直なところ「当たり前やん!!」と思ってしまいました。

    贈与税、相続税ともに課税価格によって税率が異なります。

    例えば課税価格が、2000万円の場合

    贈与税の税率は、50%です。(控除225万円)

    これに対して、相続税の税率は15%です(控除50万円)

    さらに、相続税には手厚い基礎控除があるので、実際に相続税を納めなければならない人はごく少数です。だから、「贈与税が相続税より高い」と一般に思われています。

    確かに、その通りなんですが、続きがあります。

    「贈与は、自分の好きな分だけあげられるけど、相続はそうはいかない。」と。

    この意味は、贈与は、自分の生きている間に行うので、自分の好きな量だけ財産を贈与できる。つまり、贈与税がかからない分量だけ贈与することもできる。 (贈与税には毎年110万円の基礎控除があるので、この金額以下なら、贈与税はかかりません。また、住宅取得資金などに関する非課税制度もあります。)

    しかし、相続は、死亡によって有無を言わさず、財産が移転するので、その量をコントロールできません。相続税が掛かるくらい財産がある人にとっては、贈与税より相続税の方が高い場合もあるってことですね。

    この話は、税金という観点から観た話ですが、「贈与は自分の好きな分だけ、」というのがポイントです。

    節税も重要ですが、自分の生きているうちに、自分の意思で行い、それを自分で確認できる。 これが生前贈与の一番のメリットかも知れません。

    • にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
      にほんブログ村 高松情報
    • にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
      にほんブログ村 土地・不動産
    • にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
      にほんブログ村 司法書士
    • にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
      にほんブログ村 起業・独立支援