相続/遺言書/生前贈与/会社設立/香川県高松市のひろせ司法書士事務所
087-813-9913
〒760-0080 香川県高松市木太町1288番地2 地図
電話受付は平日9:30〜18:30
土日祝も対応可能です(要予約)
ひろせ日記
香川県高松市のひろせ司法書士事務所 > 相続・生前贈与の話 > 相続とか遺言とか その1「戸籍」
  • 最近の記事

  • 月別アーカイブ

  • ひろせ日記 カテゴリー

  • お気軽にご相談ください
    司法書士 広瀬修一 香川県高松市 1977年生まれ
    廣瀬 修一(ひろせ しゅういち)
    司法書士 香川県司法書士会 第306号
    ファイナンシャルプランナー (AFP)
    お問い合わせ
    電話:087-813-9913 電話受付は平日9:30〜18:30 土日祝も対応可能です(要予約) 所在地

    相続とか遺言とか その1「戸籍」

    2010.09
    17

    こんばんは。

    「香川県高松市の相続遺言相談所」 ってタイトルでホームページをつくったのに 相続や遺言に関することをほとんど書いていませんでしたね(汗)

    司法書士の廣瀬です。相続登記は大得意です。

    相続登記をするためには、亡くなった方の生まれてから、死ぬまでの戸籍謄本を集めなければなりません。

    戸籍は、明治時代から数回の法改正を経て、現在のコンピュータ化された戸籍になっています。

    明治時代の戸籍は、(たぶん)筆で書かれていて、やけに達筆で、とても読みにくいです。 この頃は、家制度がとられていて、一つの「家」を基準に戸籍がつくられています。 戸主と呼ばれる一族の長のもとに、一族みんなが、一つの戸籍に記載されています。 この頃の戸籍をみると、お祖父さんから、親、子、孫、兄弟、甥、姪と20人くらいが、一つの戸籍に入っていることはザラにあります。

    それが、戦後、家制度が廃止され、夫婦ごとに戸籍がつくられるようになりました。 この頃の戸籍は、(たぶん)ペンで書かれていて、やはり手書きなので、とても読みにくいです。

    そして、時代は進み、最近になってようやく戸籍がコンピュータ化されました。 さすがコンピューター。読みやすいです。

    最近(ちょっと前?)、戸籍が話題になることが多いですが、相続人を確定するためには、戸籍制度はかかせません。

    将来的に、他の制度ができれば別ですが、戸籍ってとっても大切です。

    相続とか遺言とかシリーズ

    1. 相続とか遺言とか その1「戸籍」
    2. 相続とか遺言とか その2「相続放棄
    3. 相続とか遺言とか その3「相続人がいない」
    4. 相続とか遺言とか その4「遺産分割とは」
    5. 相続とか遺言とか その5「遺産分割とは2」
    6. 相続とか遺言とか その6「遺言」
    7. 相続とか遺言とか その7「遺言の種類」
    8. 相続とか遺言とか その8「養子縁組」
    • にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
      にほんブログ村 高松情報
    • にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
      にほんブログ村 土地・不動産
    • にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
      にほんブログ村 司法書士
    • にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
      にほんブログ村 起業・独立支援