相続/遺言書/生前贈与/会社設立/香川県高松市のひろせ司法書士事務所
087-813-9913
〒760-0080 香川県高松市木太町1288番地2 地図
電話受付は平日9:30〜18:30
土日祝も対応可能です(要予約)
ひろせ日記
香川県高松市のひろせ司法書士事務所 > 相続・生前贈与の話 > 相続した不動産 続き
  • 最近の記事

  • 月別アーカイブ

  • ひろせ日記 カテゴリー

  • お気軽にご相談ください
    司法書士 広瀬修一 香川県高松市 1977年生まれ
    廣瀬 修一(ひろせ しゅういち)
    司法書士 香川県司法書士会 第306号
    ファイナンシャルプランナー (AFP)
    お問い合わせ
    電話:087-813-9913 電話受付は平日9:30〜18:30 土日祝も対応可能です(要予約) 所在地

    相続した不動産 続き

    2010.08
    17

    相続した不動産に担保がついていた場合」の続きです。

    抵当権や根抵当権がついていた場合、登記簿をよく見ると担保の内容が登記されています。

    たまに、明治時代や、昭和初期の抵当権が設定されている場合があります。 これらは、休眠担保や、休眠抵当権と呼ばれています。

    古い担保の場合、債権者(以下、抵当権者という)が、個人名で登記されていることがほとんどです。

    明治時代の抵当権ですから、おそらく、抵当権者も亡くなっており相続が発生していることが多いでしょう。

    通常、抵当権を抹消するには、抵当権者の協力が必要です。

    抵当権者に相続が発生しているときには、その相続人全員の協力が必要になります。抵当権者の相続人がわかる場合は相続人全員と協力して、抵当権抹消手続きを行います。

    抵当権者がどこの誰かもわからないときはどうなるのでしょうか?

    こういう時のために、不動産登記法は、物件所有者が単独で抵当権の抹消手続きをできるように定めています。

    休眠抵当権の抹消手続きを行うには、債権額、弁済期からの利息、損害金を法務局に供託します。 そして、抵当権者が行方不明であることを証明する書類を添付して、抵当権抹消登記の申請を行います。

    明治時代の貨幣価値を、現代の貨幣価値に換算する必要はありません。

    借り入れからすでに100年も経過していると、かなりの額の損害金をとられそうですが、借り入れ額が僅か100円程度ですので、利息や遅延損害金の全額といっても数千円程度の金額にしかなりません。

    手続きは面倒ですが、それほど難しくありませんし、後になるほどやりにくくなります。 早めに抹消手続きを取られることをお勧めします。

    • にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
      にほんブログ村 高松情報
    • にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
      にほんブログ村 土地・不動産
    • にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
      にほんブログ村 司法書士
    • にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
      にほんブログ村 起業・独立支援